脱毛でワキガが悪化してしまう3つの理由とは?!元脱毛サロン経営者が解説!

記事更新日:2020年07月14日

脇脱毛

脱毛の豆知識

 

「脱毛したらワキガになった!」

 
このような声を聞いたことがありませんか?
 
ネットで検索してみると、脱毛後に脇のニオイが気になるようになったという声がとても多く見つかります。
 
「ワキガになるなら脱毛したくない」と思われている方も、もしかしたらいるかもしれません。
 
 

あやせさおり

今回は脱毛したらワキガになったという声がなぜ多いのか、
そしてどうすればワキガにならないようにできるのか対策方法をご紹介していきます。

 


1.脱毛でワキガが悪化する3つの理由

脇汗が増えてしまうから

厳密に言えば、「脇汗が増えてしまったように感じるから」です。
 
脱毛するとニオイの原因となる脇汗が増えたと感じる方が多くいます。
 
脱毛する前はムダ毛が脇汗をキャッチしてくれていたので、脇汗が滴ってきたり衣服へ汗が染みてしまうことが少なかったんですね。
 
また脇毛は少量ながら脇汗を吸収してくれる働きもあります。
しかし脱毛後は脇毛がなくなるので、脇汗がそのまま肌に残りやすくなってしまうのです。
 
肌に汗が残りやすいということは、それだけニオイが発生する可能性も高くなりますよね。

 
汗が皮膚の汚れや皮脂と混ざると、雑菌が繁殖してニオイの原因になります。

 


「脇汗が増える」ことを意識しすぎているから

「脱毛するとワキガになる」というのと同じくらい、「脇汗が増える」という話もよく聞きませんか?
 
脇汗が増えてしまう原因は先ほど上で紹介した通りなのですが、この「脇汗が増える」ことを意識しすぎることで、余計に汗が増えてしまうことがあります。
これを「精神性発汗」と呼びます。

 
精神性発汗は時として汗にたんぱく質やアンモニアなどを含むこともあり、ニオイがキツくなりやすいのが特徴です。
 

毛穴が開いた状態になっているから

脱毛で光やレーザーを当てた後は、一時的に毛穴がいつもより開いた状態になっています。
 
開いた毛穴に皮脂や汚れが溜まったままになると、雑菌が繁殖しやすくなってしまい、ニオイが発生しやすくなるのです。

 
脱毛直後はできるだけこまめに汗を拭いたり、清潔な衣服を着たり、こまめに汗を拭いたりなどでケアをしないとニオイやすくなります。
 



2.基本的に脱毛をするとワキガは改善される

「ワキガが悪化する3つの理由」を見てもらうと分かるように、脱毛が直接ワキガの原因となっているわけではありません。

 

汗が肌に残りやすくなったり、精神的な思い込みで一時的に汗が増えたりしてニオイが気になってしまうのです。

 

あやせさおり

むしろ実は脱毛をするとワキガが悪化するのではなく、改善されるという考え方のほうが一般的です。
 
なぜ脱毛でワキガが改善されるのか、こちらも3つの理由をご紹介していきます。


 

アポクリン汗腺にダメージを与えることがある

汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺の2種類があります。
エクリン腺から出る汗は主に体温調節のために出ることが多いです。

 

アポクリン腺からは緊張したとき出ることが多く、ムダ毛が生えている毛穴や皮脂腺ともつながっているため、エクリン腺から出る汗と比べてニオイを発生しやすいのです。

 
脱毛をすると、嬉しいことにムダ毛と一緒にアポクリン腺にもダメージを与えることがあるんですね。
 
ダメージを受けたアポクリン腺は働きが弱まり、結果としてニオイが減ります。
 
もちろん必ずアポクリン腺まで脱毛の照射によるダメージが及ぶわけではないので、絶対にワキガがよくなるとは言い切れません。
 
ですが「脱毛をしたらワキガが改善された」という声も多いのも事実です。
 
 
 

ムダ毛が少なくなるので脇を清潔に保てる

ムダ毛が多いと、お風呂でしっかり洗ったつもりでも汚れが残っていたり、汗をきちんと拭いたつもりでも脇毛に汗が付いていたりと意外と脇を清潔に保つことは難しいものです。
 
でも脱毛をしてムダ毛を減らせば、洗うのも汗を拭くのもしっかりできるようになりますよね。
 
ムダ毛がないことで脇を清潔に保ちやすくなるので、ニオイの発生も抑えられます。

 
もちろん脱毛をしてもこまめに汗を拭くなどのケアをしなければ、臭ってしまうのでご注意ください。
  
  
 
 

3.脱毛でワキガになったと感じたときの対処法

脱毛が直接ワキガの原因となることはないものの、ニオイが気になる人は多いのは事実です。
 
汗でも、ちょっとした対策で悩みは解決できますよ!

 
 

あやせさおり

「脇のニオイが気になる」と感じたときに行いたい、対処方法を最後にご紹介します。

 

肌を清潔にする

ワキガの原因は、アポクリン腺から分泌される汗です。

この汗が皮脂や汚れと混ざり、雑菌が繁殖することでニオイが発生します。
 
つまり脇を清潔な状態に保てばニオイも減らすことが可能です。

 
汗をかいたらこまめに拭く、殺菌成分が配合されたボディーソープを使うなどで対処しましょう。
 
 

ワキガクリームを使う

ワキガ対策専用のクリームを市販で見つけることは難しいので、ワキガにも使える制汗剤を使っても構いません。
 
ただし脱毛直後に制汗剤を使用すると、肌へ刺激を与えてしまうので避けましょう。
 
汗そのものを止めるミョウバンが入ったものや、殺菌成分であるイソプロメチルフェノールなどが入ったものがおすすめです。
 
どこのドラッグストアにもだいたい売っているものだと、デオナチュレソフトストーンがどちらの条件も満たしています。
 
医薬部外品なのもいいですね。
  
 
 

汗対策グッズ

制汗剤を使っても汗を完全に止めることは難しいです。
 
そのため汗をかいても臭いにくくする対策も行いましょう。

たとえば汗ワキパッドを使って、汗をかいたらいつでも取り替えられるようにするのも1つの方法です。

また吸水性の高いインナーを着るのもいいですね。
 
綿や麻は吸水性が高く汗がこもりにくいので、ニオイが気になる方におすすめの素材です。
 
ポリエステルやナイロンのような化学繊維のインナーは、汗を吸ってくれないのでおすすめできません。

 
 
  

脂肪分の多い食事を控える

揚げ物やステーキのように脂質が多く含まれる食事は避けましょう。
 
また肉類も体臭を強める原因です。
脂質の多い食事をすると、皮脂の分泌が増えるので汗が臭いやすくなります。
 
また、お肉は代謝された後に腸内で腐敗物質を作ってしまう特徴もあるので注意が必要です。

 
腐敗物質もそうですが、皮脂の分泌が盛んになることもあり、汗と混ざって臭いやすくなるのです。
 
 
 

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが崩れると自律神経の乱れを引き起こし、自律神経の乱れは体温調節機能を狂わせたり、汗の量を増やしたりします。

 
そのため日頃からホルモンバランスにも気をつけておくことが大切です。
 
ホルモンバランスはストレスを溜めたり、睡眠時間が不足したりすることで起こるので、睡眠時間をしっかり確保してストレスができるだけ溜まらない生活を心がけることが大切です。
 
 
 
 

4.脱毛でワキガは悪化しない!アフターケアでニオイを防ごう

脱毛によってワキガになることはありません。

 

しかし汗の量が増えたように感じたり、脱毛後のアフターケアを怠ったりすることでいつもよりニオイが気になってしまうことがあります。
 
しかし脱毛後にこまめに汗を拭くなどのアフターケアをきちんと行えば、汗のニオイは防ぐことができるのです。