脱毛後の入浴なぜ危険なの?禁止される理由や入浴したときの対処法をご紹介

記事更新日:2020年06月25日

脱毛の基礎知識

脱毛の豆知識

脱毛サロンの注意書きや家庭用脱毛器の取扱説明書の多くは、脱毛当日の入浴を禁止としています。
 

しかし、なぜ脱毛当日の入浴が禁止されているのか正しく理解している人は少ないです。

 
 

あやせさおり

今回は、脱毛当日の入浴が禁止されている理由や入浴開始時期、
さらにうっかり入浴してしまったときの対処法など、元脱毛サロン経営者が詳しくご紹介します!

 

 

 

 
 

1.脱毛サロンと家庭用脱毛器の入浴に関する対応は?

脱毛サロンでは、脱毛当日の入浴に関しては禁止しているところばかりです。

下記に、代表的な脱毛サロンの入浴に関する対応をまとめたのでご覧ください。

ミュゼプラチナム
脱毛当日は入浴ではなくシャワーにする
銀座カラー
脱毛当日は湯船に入らず、ぬるめのシャワーにする
キレイモ
脱毛後12時間は入浴を避けぬるめのシャワーにする
ストラッシュ
脱毛後3日間は湯船を避ける

 

脱毛当日の入浴は禁止している脱毛サロンばかりだということが分かりますね。

 

とくにストラッシュにおいては、湯船に浸かることを3日間禁止としています。

 

また、家庭用脱毛器も入浴を禁止としていることが多く、ブラウンの場合は脱毛後24時間は入浴禁止としています。

 

家庭用脱毛器も脱毛サロンの光脱毛と原理は一緒なので、入浴を控えたほうが安心です。
 
 
 

2.脱毛当日の入浴方法やいつから湯船に入っていいの?

脱毛当日の入浴は、湯船に入らなければいいだけではありません。

入浴方法について、気を付けたいポイントは下記のとおりです。

38度程度のぬるめのシャワーのみ

脱毛箇所はこすり洗い禁止

短時間で終わらせる

保湿する

身体にシャンプーやボディーソープが残らないようにしっかり洗い流す

これらのことを守れば、入浴は脱毛当日からOKです。

脱毛当日の入浴は、基本的に湯船に入ることは禁止されていますが、38度程度のぬるめのシャワーであれば問題ありません。

ただし、脱毛後の肌はいつもよりもデリケートな状態なので、洗浄力の高いボディソープの使用は避けましょう。

ボディーソープは必ずしっかり洗流すことも大切です。お肌に残ったままにしておくと、肌に負担がかかってしまいます。
 
 
化学繊維のタオルは避けて天然素材のものを使用し、こすり洗いせずに、たっぷりの泡で優しく撫でるように洗いましょう。
 
 

お風呂からあがったら、保湿をしっかりすることも大切です。
 
脱毛後はお肌に熱がこもって乾燥しやすくなっています。乾燥したままにしておくとバリア機能が低下して肌トラブルの原因となりますので、しっかりと保湿してください。
 
 
湯船へ入るのは、脱毛翌日以降からにしましょう。
 
 
ただし、ストラッシュのように3日間は禁止しているところもあるので脱毛サロンの指示に従ってください。

家庭用脱毛器の場合も、各商品ごとに禁止期間が異なるので取扱説明書を確認して守るようにしましょう。

 

 

3.なぜ脱毛当日の入浴はNGなの?

脱毛当日の入浴が禁止されているのは、肌トラブルを招く可能性が高いからです。

脱毛当日の入浴で肌トラブルが起きてしまう主な理由は、下記の3つです。

肌内部に熱がこもっているから

雑菌が侵入しやすいから

肌が乾燥しやすいから

あやせさおり

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

肌内部に熱がこもっているから

脱毛の光・レーザー照射後の肌は、日焼け(軽い火傷)をしている状態と同じであり、肌内部に熱がこもっています。

 

このような状態で入浴すると、さらに体温が上昇してかゆみや炎症が起きる可能性が高まるため、たいへん危険です。

状態が悪化すると、水ぶくれや化膿を引き起こし重症化する恐れもあります。

 

部分脱毛の場合、脱毛箇所を避けて湯船に浸かったとしても、結局は全身の体温が上がってしまいます。

全身脱毛・部分脱毛問わず、脱毛をしたら湯船に浸かることは止めましょう。

 

シャワーを長時間浴びるのも体温が上がるのでNGです。

体が温まらないように短時間で終わらせるようにしてくださいね。

 

基本的に脱毛後の肌が熱を持っているときは、冷やしてあげることが最優先です。

体温を上げたり、血行を良くしたりする行為は全て禁止と認識しておきましょう。

 

雑菌が侵入しやすいから

湯船には、目に見えない雑菌がたくさん存在しています。

照射後の肌は外部刺激から肌を守るバリア機能が低下しているため、雑菌が入り込みやすくなっている状態です。

 

さらに脱毛後は毛穴が開いているため、雑菌が侵入しやすくなっています。

雑菌は繁殖するスピードも早いので、肌トラブルや毛穴の炎症などを引き起こす可能性が高まり危険です。

 

自宅の湯船はもちろん、温泉施設などでの入浴は感染症にかかる危険があるため、絶対に避けましょう。

 

「レジオネラ菌」という細菌により感染症になると、抵抗力の弱い人は最悪死亡するケースもあります。

 

目に見えないからこそ、雑菌の多い湯船には入らないように徹底しましょう。

 

入浴後は乾燥しやすい

入浴後の肌は、皮脂膜が流されてなくなっているため乾燥しやすい状態です。

 

脱毛箇所が乾燥すると、かゆみや炎症が起きやすくなります。

 

かゆみや炎症などの肌トラブルは、今後の脱毛へ影響を与えることもあるので避けたいところ。

脱毛サロンなどから指定された期間は、湯船に入るのは止めましょう。

 

ちなみに、乾燥がひどい肌は、痛みが増す・出力を落とすと脱毛効果がも半減してしまうなどの理由から照射ができません。

 

普段から肌が乾燥している人は、シャワーのみの場合でも、きちんと保湿をするようにしましょう。

 
 

4.自己処理による脱毛も入浴NGなの?

ワックス、除毛クリーム、ヒートカッター、カミソリ、毛抜きなど自己処理を行ったときも入浴は注意が必要です。

 

基本的に、毛穴から毛を引き抜くワックスと毛抜きは入浴ができません。

これらの脱毛方法は毛穴が開いているため、細菌が入り込み炎症を起こす可能性が高いからです。

 

毛穴が開かない脱毛方法である、除毛クリーム・カミソリ・ヒートカッターは入浴OKです。

しかし、これらも脱毛時に肌荒れや切り傷ができてしまった場合は、細菌が侵入してしまう恐れがあるため入浴は控えましょう。

 

あやせさおり

自己処理による脱毛は、肌や毛穴にストレスを与えるものが少なくありません。

自己判断が難しい場合は、自己処理当日の入浴は控えシャワーのみにしましょう。

肌状態が落ち着いてから入浴再開とした方が安心です。

脱毛とお風呂に関するQ&A

あやせさおり

脱毛後の入浴以外にも、避けたほうが良いものはいくつかあります。
 
「これってOKなの」と気になるものについてもチェックしておきましょう。

岩盤浴はOK?

岩盤浴も体を温めてしまうため、NGです。

この他サウナも避けてください。

脱毛してから1週間くらい経てばできるようになるので、それまでは避けましょう。

なお1週間経っても肌にほてりや赤みがある場合は、症状が落ち着くのを待ちます。

プールはOK?

温水プールは体を温めてしまうのでNGです。

冷たいプールならいいの?と思われるかもしれませんが、プールに含まれている塩素が刺激となるためこちらもNGとなります。

 
 
 
 

5.もし入浴してしまったり肌を温めてしまったりしたときの対処法は?

脱毛後に入浴をしてしまったり、肌を温めてしまったりしても慌てないで大丈夫です。

適切に対処をすれば大きな問題には発展しません。

 

冷やす

熱を持って赤みを帯びている場合、肌をとにかく冷やしましょう。

 

冷やすと火照った肌を鎮静させることができるので、赤みが引いていきます。

肌が温まることでかゆみやヒリヒリ感が出ることもあるので、それらが治まるまでは冷やしましょう。

 

冷やすときは、冷タオルと保冷剤を使用すると手軽に行えます。

 

冷タオルは、サロンに出かける前に水で絞ったタオルを冷蔵庫に入れておくと、帰宅後すぐに使えて便利です。

 

保冷剤は、そのまま使用すると刺激が強いのでタオルに包んで肌に当ててください。

保湿

肌を刺激から守ってくれるバリア機能を高めるためにも保湿はとても大切です。

 

脱毛後の肌は、日焼けしたときと同じような状態でとてもデリケート。

日焼け後の肌は水分が不足していることもあり、保湿をしなければ乾燥していく一方となってしまいます。

 

このような肌状態で入浴や肌を温めるような行為をすると、乾燥から強いかゆみを引き起こすことが多いです。

かゆみを我慢できずに掻きむしってしまうと、肌状態が悪化してしまうので保湿をして様子を見ましょう。

 

保湿をするときは、低刺激のもの・テクスチャが軽めのジェルやローションがおすすめです。

重いテクスチャのものやオイルなどは、脱毛後の肌には刺激が強いので、しばらく使用を控えましょう。

 

6.まとめ:脱毛後の入浴は湯船を避けてシャワーのみにしよう

脱毛当日は、高温の熱を浴びたことで肌がとてもデリケートな状態です。
 
 

そのため、体温を上昇させてしまうだけでなく、雑菌による感染症や皮膚への刺激を避けるためにも湯船に浸かる入浴は絶対にしないでください。
 
 

これは自宅の湯船に限ったことではありません。
 
 

プール・温泉・サウナ・岩盤浴・垢すり・こたつ・日焼けサロン・運動なども、体温上昇や細菌の繁殖、肌への刺激が強いなどの理由からNGです。
 
 
 

あやせさおり

湯船は脱毛をした翌日以降から、肌の状態を見て入るようにしましょう。

 

肌に熱がこもっているときなどは冷やし、保湿を入念に行い労わるようにしてくださいね。