顔脱毛で毛穴がなくなるって本当!?理由や正しいお手入れ方法を解説!

記事投稿日:2019年11月15日

記事更新日:2019年11月25日

脱毛の豆知識


顔脱毛で毛穴がなくなるって本当!?理由や正しいお手入れ方法を解説!

どんなに丁寧なお手入れをしてもなかなか改善しない、毛穴の開きや黒ずみ

  

エステの吸引や市販の毛穴パックなど、毛穴ケアの方法は毛穴の開きや黒ずみのためのアイテムは数多くありますが、中でも根本からの解決につながると言われているのが顔脱毛です。

  

あやせさおり

この記事では、「なぜ顔脱毛が毛穴や黒ずみに良いのか」 
「どうすれば毛穴を目立たなくできるのか」をご紹介します。


1.なぜ?顔の毛穴が目立つ理由は意外と多い

いくら丁寧に洗顔しても、なぜだか目立ってしまう顔の毛穴

一般的には20代では毛穴の黒ずみに悩む方が多く、30代からは毛穴の開きが気になる方が多いです。
 
年代ごとで悩みが少し違うんですね。

  

あやせさおり

生まれたての赤ちゃんは毛穴がどこにあるのかわからないほどスベスベなのに、 
なぜだんだんと毛穴の黒ずみや開きが目立つようになってしまうのでしょうか。


1-1.皮脂や汚れが毛穴に詰まっている

  
思春期になるとニキビに悩まされる方が増えるのは、皮脂分泌量が増えるからです。
  
女性でも10代になると、皮脂分泌量を盛んにする男性ホルモンの量が増えます。

  

また洗い残したファンデーションも黒ずみの原因となってしまいます。

  

皮脂や汚れ、ファンデーションが毛穴に詰まったまま放置していると、次第に酸化されて黒ずみへと変化してしまうのです。



1-2.皮脂の分泌が過剰

  
酸化した皮脂は黒ずみの原因となりますが、皮脂そのものも毛穴にとって良いものではありません。
  
過剰な皮脂は毛穴を押し広げてしまうので、毛穴が開く原因となるのです。主に10~20代の若い世代の人、オイリー肌の人に多く見られます。



1-3.ニキビ

  
白ニキビができるのは、毛穴が詰まりやすくなっている証拠です。

  

皮脂が毛穴に詰まりやすくなっている時点で毛穴が開きやすい状態なのですが、 
さらにニキビが炎症を起こしたり化膿したりすることで肌にダメージを与え、余計に広がりやすくなってしまいます。



1-4.肌のハリや潤いの低下

  
30代ごろから毛穴の開きに悩む方が増えるのは、コラーゲンやエラスチンの減少により肌のハリが低下することに関係しています。

  

30代になると皮脂分泌量が一気に減るため、肌が乾燥しやすくなるのが特徴です。
  
するとハリを保てなくなった肌の影響で毛穴の周りがくぼみ、毛穴がが目立ちやすくなります。

  

毛穴がしずく型になっている場合は、肌のハリや水分量が低下している証拠です。


   

2.毛穴が「なくなる」は間違い!正しくは「目立たなくなる」

何をやっても毛穴がなくならない…」と嘆いている方がいるかもしれません。

  
残念ながら毛穴を目立たなくすることはできても、なくすことはできないものです。
 
なぜなら毛穴は、皮膚を守るという大切な役割をはたしているからです。

 


2-1.毛穴の役割

  
肌をキレイに見せたい方からすると、毛穴はかなり厄介なものとして扱われがちです。

  

しかし毛穴は皮脂を分泌して肌の水分量を守るという、肌の健康を守る上で欠かせない機能を担っています。

  

バリア機能という言葉を聞いたことがありますでしょうか。肌に細菌やウイルスが侵入するのを防ぐ働きのことですね。
  
バリア機能を正常に働かせるためには、肌の水分量をしっかり保つ必要があります。

  
コップに入れた水を放っておくと少しずつ蒸発してしまうように、お肌も外気にさらされている以上、何もしなければどんどん水分が減っていきます。
  
だから毛穴から皮脂を分泌することで水分の蒸発を防ぎ、バリア機能を守っているんですね。

  

水分量の減少がバリア機能を低下させ、バリア機能の低下が肌荒れや湿疹などの肌トラブルにつながっていきます。  

他に皮脂と一緒に老廃物を排出したり、体温調節の役割もしているため、毛穴は私たちが思っている以上に大切な役割をはたしているのです。



2-2.毛穴が閉じる、開くも実は間違い

  
毛穴が目立ってくるのは、毛穴自身が開いているからではなく、毛穴の周りの皮膚がくぼんでいるからです。
  
くぼんだ皮膚を見て、私たちは「毛穴が開いた」と言っているわけなんですね。
  

この記事でも毛穴が「開く」「閉じる」といった表現をしていますが、毛穴が「開いたように見える」「閉じたように見える」が厳密には正解です。

  
ただし汚れが詰まったり皮脂腺が発達したり、皮膚のたるみによって毛穴が引っ張られることで広がってしまうこともります。


     

3.顔脱毛で毛穴が目立たなくなる5つ理由

冒頭で顔脱毛は、毛穴の悩みを根本から解決するものだと言いましたね。

 

ここからは、なぜ顔脱毛が毛穴を目立たなくしてくれるのか、理由を詳しく解説していきます。


3-1.産毛がなくなる

  
実は毛穴ではなく、産毛が目立っているケースも少なくありません。
   
産毛とはいえ肌の表面に黒い色素を持ったものが多数生えているので、思っているよりも目立ってしまうんですね。

   
顔脱毛をすれば産毛を減らせるので、自然と顔が明るくなり毛穴も目立ちにくくなります。



3-2.乾燥肌が改善される

  
脱毛は肌が乾燥するイメージもありますが、逆に乾燥肌を改善する効果も期待できます。

   
エステのメニューなどで「光フェイシャル」や「フォト美顔」と書かれているのを見たことがないでしょうか。

   

「光フェイシャル」や「フォト美顔」とは光の力を使って美肌に導くお手入れのことです。
   
IPLという波長が500~1200nmにある光を照射すると、線維芽細胞が刺激されます。

   

線維芽細胞はコラーゲンを生み出す働きをしているため、光フェイシャルによってコラーゲンの生成が促され、肌にハリが生まれるのです。

   
脱毛サロンの中にはこのIPLを使用した脱毛を行っているところもあるので、脱毛で乾燥肌の改善も期待できます。

   
また、顔脱毛をすることで自己処理の頻度が減ることや、化粧水や美容液が肌に浸透しやすくなることも、乾燥肌の改善につながります。



3-3.肌トラブルが少なくなる

  
産毛の自己処理をするときに、カミソリや電気シェーバーを使っている方も多いのではないでしょうか。

  

とくにカミソリはムダ毛だけでなく、肌の表面まで同時に削ってしまうので肌トラブルの原因となることが多いです。
  
ダメージを受けた肌はバリア機能が崩れて乾燥しやすく、しかもメラニン色素の生成も活発にさせます。
  

顔脱毛をすることで自己処理の頻度を減らせるため、肌トラブルを少なくし、毛穴の目立ちにくい肌へと導くことが可能です。



3-4.毛穴が引き締まる

  
顔の産毛がなくなることで、毛穴が引き締まって見えます。
  
産毛が生えていると、毛があるせいでどうしても毛穴が目立ってしまうんですね。

  

顔脱毛によって完全に毛穴が塞がることはないものの、肌が引き締まって毛穴の目立ちにくい状態にできます。



3-5.化粧ノリが良くなる

  
産毛があると、ファンデーションや化粧下地が肌にしっかり密着せず、なめらかな仕上がりになりにくい特徴があります。
  
肌とファンデーションの間に産毛があることで、メイクが崩れやすくなってしまうのです。

  

顔脱毛をすれば化粧ノリが良くなり、さらには肌が明るく見えるので美肌効果も期待できます。


   

4.顔脱毛におすすめ!人気のサロンやクリニック、脱毛方法を紹介

顔脱毛をすると、毛穴や黒ずみの悩みを根本から解決することが可能です。
  
では、どこのサロンやクリニックで脱毛するのが良いのでしょうか。

  

あやせさおり

顔脱毛を考えたときに「どこのサロンやクリニックがおすすめなのか」 
「自宅で顔脱毛するにはどうすれば良いのか」をご紹介します。


4-1.顔脱毛におすすめのサロン

  
顔脱毛をするのなら、ぜひIPL脱毛を取り入れているサロンを選んでみましょう。
  
美肌効果も期待できるので、より毛穴の目立ちにくいお肌になれます。

  

おすすめの脱毛サロンは、
  

・キレイモ 

・銀座カラー 

 

の2つです。

  

どちらもIPL脱毛を採用しているので、美肌を目指したい方にピッタリです。

  

キレイモでは光コースも用意されているので、本格的に肌のケアをしたい方はぜひ利用してみてください。



4-2.おすすめのクリニック

  
クリニックで受けられるレーザー脱毛は、光脱毛よりも産毛に効きやすいことが特徴です。

  

産毛は他の毛と比べると細いことから、光だと脱毛が完了するまでに時間がかかってしまいます。
  
光脱毛より痛みはありますが、レーザー脱毛のほうが高い効果が期待できます。

  
顔脱毛におすすめなのは、


・レジーナクリニック 

・リゼクリニック 

 
の2つです。

  

クリニックによっては、全身脱毛を契約しないと顔脱毛を受けられないところもあります。
  
もともと全身脱毛を考えている方なら良いですが、顔脱毛のみを考えている方にはどうしても通いづらいですよね。
  
レジーナクリニックとリゼクリニックは顔脱毛のみの契約もOKなので、通いやすいのが特徴です。



4-3.自宅で顔脱毛をする方法

  
毛穴や黒ずみはキレイにしたいけど、なかなか脱毛に通う時間がない。
  
そんな方は、家庭用脱毛器を検討してみてはいかがでしょうか。
  

家庭用脱毛器は、自宅にいながらサロンやクリニックと同じようなお手入れができるアイテムです。

  
自宅で使えるように出力が少々弱くなっているものの、しっかりとお手入れを続けていくことで徐々にムダ毛を減らせます。

  

家庭用脱毛器には数々の種類がありますが、中でも「ブラウンのシルク・エキスパート」をおすすめします。シルク・エキスパートは、IPL方式を採用した家庭用脱毛器です。
  

肌の色に合わせて出力を自動調整してくれるので、うっかり強い光を肌に当ててしまう心配がありません。

  

1台購入すれば全身脱毛で24年分という回数を使えるので、顔脱毛のみならず全身お好きな部位にお使いいただけます。

  

いつでも好きな時間に顔脱毛ができる家庭用脱毛器を使えば、忙しい方でも毛穴の目立たないキレイな肌を目指せますよ。


   

5.注意!顔脱毛しても毛穴が変わらないケースも


顔に生えている毛は細い産毛であるため、脇や腕などと違って脱毛の効果が出るまでに長い時間がかかってしまいます。

  

光やレーザーは黒い色(メラニン色素)に反応する仕組みなのですが、産毛は細いためメラニン色素が少なく、脱毛効果が出にくいのです。

  

脱毛サロンであれば12回以上、クリニックであれば8回以上通うと効果を実感できるでしょう。2か月に1回通ったとしても16~24か月は見ておく必要があります。

  

顔脱毛を始めてもしばらくは効果を実感できないことがありますが、ここで止めてしまうと毛穴トラブルは改善できません。

  

産毛のことだけでなく、色素沈着を起こしたニキビ跡や皮脂汚れが酸化してしまった黒角栓による毛穴の黒ずみ・開きは改善に時間がかかることも追記すると親切です。


   

6.もっと美肌に!顔脱毛をした後に気をつけるべきこと

あやせさおり

顔脱毛と一緒に、これから紹介する4つのこともぜひ行ってみてください。 
より一層、毛穴や黒ずみの目立たないお肌に近づけることができますよ。


6-1.紫外線対策

  
紫外線は肌老化を促進させる大きな原因です。
  
肌の奥に届いた紫外線は、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分を生み出す線維芽細胞を傷つけます。
  

肌の表面では紫外線が肌を赤くし、日焼けやシミの原因に。
  
肌のハリが低下して毛穴が目立ちやすくなるほか、肌トラブルによってバリア機能が低下することにもなります。

  

季節を問わず、紫外線対策は必ず行いましょう。



6-2.保湿

  
肌のバリア機能は、水分量がしっかりと保たれていなければ働きが弱くなってしまいます。

  

バリア機能が低下すると肌荒れを起こし、肌荒れやニキビができやすくなるので保湿はとても大切です。

  

化粧水だけではすぐに水分が蒸発してしまうので、上からクリームや乳液を塗ってフタをしてあげてください。



6-3.摩擦を避ける

  
力を入れてマッサージしたり、洗顔時にゴシゴシこすると、肌は摩擦によるダメージを受けてしまいます。

  

肌は摩擦を刺激と認識して肌荒れや黒ずみの原因となるので、こすりすぎないように注意しましょう。



6-4.正しい洗顔を行う

  
毛穴に汚れが溜まっているからといって、洗浄力の強い洗顔料を使っていませんか?

  

毛穴詰まりは洗顔だけで落とすのは難しいので、クレンジングも使いましょう。クレンジングをした上で洗顔することで、毛穴汚れをしっかりと落とせます。

  

お湯で洗顔すると皮脂が落ちすぎて乾燥してしまうので、手で触っても熱くない程度のぬるま湯で洗顔しましょう。


   

7.毛穴は顔脱毛でキレイにできる


毛穴は乾燥や皮脂、ニキビなどさまざまな原因で開いたり、黒ずんだりします。

  

原因に合わせたケアももちろん必要ですが、根本から解決したい方は顔脱毛がおすすめです
  
産毛がなくなれば毛穴が閉じ、目立たなくなりますよ。
  

産毛は脱毛完了までに時間がかかるので、日頃のケアも行いながらケアをしていきましょう。
  

脱毛後のアフターケアを怠ると、逆に毛穴が目立ってしまうこともあるので必ずケアしてくださいね。

  

あやせさおり

顔脱毛は完了までに時間がかかることから、 
自宅で簡単に使える家庭用脱毛器もおすすめです。

  
自分に合った方法で毛穴対策をしていきましょう。


業界10年以上脱毛サロンを経営してきた私が おすすめする脱毛器 忙しい、恥ずかしい、怖い、でも綺麗になることを諦めたくない…