家庭用脱毛器で顔脱毛はできる?セルフでできる!顔脱毛にオススメの家庭用脱毛器が知りたい!

記事更新日:2020年05月13日

家庭用脱毛器

顔脱毛


1.そもそも家庭用脱毛器を顔に使ってもいいの?

結論から言うと、家庭用脱毛器には顔脱毛に使えるものと使えないものがあります。
 
「顔の産毛、この前処理したばかりなのにもう生えている……」

 
 

あやせさおり

このように、顔の産毛にうんざりしている人は結構いますよね。

中には、あまり顔の産毛が目立たずにそのままにしている人もいます。
 

そんな人を見るたびに「羨ましい!」と思ってはいませんか?
 
羨ましいと思うのは、顔の産毛処理が意外と面倒だからではないでしょうか?
 
短期間で生えそろい、処理を怠ると口周りや眉間、フェイスラインなどに毛が目立つのでメイクをしているときなど気になりますよね。
 

「それなら脱毛サロンに通って脱毛すればいいのでは?」という声も聞こえてきますが、サロンで顔脱毛するにはメイクを落とす必要があるためメイク道具を持っていくのが面倒……ですよね?
 
 
いっそのこと、家庭用脱毛器を利用して顔脱毛を自宅で始めてみませんか?

 

2.家庭用脱毛器を使った顔脱毛への心配な声

あやせさおり

>家庭用脱毛器を使って自宅で顔脱毛ができれば嬉しいけれど、実際顔に使用しても問題ないのか心配な人もいるのではないでしょうか?

顔脱毛をすれば、面倒な産毛処理からも解放されるだけでなく、化粧乗りが良くなる、肌トラブル解消などのメリットもたくさんありますよ。
 

 

みんなのレビュー・口コミ

顔の産毛がたくさんでコンプレックスです家庭用脱毛器の購入を考えておりケノンカトリアで迷っています。産毛に効果があるのはどちらですかね?使用したことある方是非教えて下さい

(引用元:ヤフー知恵袋より


みんなのレビュー・口コミ

家庭用脱毛器で顔の脱毛に効果あるのはありますか?医療は高いしサロンは通うのが難しいので、家庭用を購入しようと考えてます。

(引用元:ヤフー知恵袋より


みんなのレビュー・口コミ

女性の方で、顔の産毛に脱毛器を使用して効果が出た方はいらっしゃいますか?いましたら、使用している脱毛器も教えて欲しいです(*・ω・)*_ _)ペコリ

(引用元:ヤフー知恵袋より



 

あやせさおり

このように、顔脱毛を家庭用脱毛器で行うか迷っている人は多く、私も相談を受けたことが何度もあります。

仕事や育児で忙しい女性は、顔脱毛のために脱毛サロンや医療クリニックに通うことが簡単ではないからです。金銭面で諦めてしまう人も少なくありません。
 
家庭用脱毛器なら、コストを抑えて自宅で好きな時間に顔の産毛脱毛ができるので忙しい女性にピッタリです!
 
 
 

あやせさおり

顔脱毛を目的に家庭用脱毛器を選ぶなら、肌に優しい光脱毛タイプの家庭用脱毛器をおすすめします。

また、家庭用脱毛器でお手入れできる部位はそれぞれの機種によって異なるので説明書に従いましょう。
 
禁止されている部位に使用してしまうと、肌トラブルを引き起こす可能性があるので避けてくださいね。

 
顔脱毛をするために家庭用脱毛器を選ぶ場合の選ぶポイントは以下のようになります。

顔脱毛をする家庭用脱毛器を選ぶポイント

出力調節は可能か

小回りが利くか

お手入れ可能部位に顔が含まれているか


顔の皮膚は、他の部位に比べても薄くてデリケートです。
 
そのため肌トラブルを起こしやすいので、照射出力の調整ができることが何よりも重要なポイントです。
 
家庭用脱毛器で顔を脱毛するなら、小回りが利くものがおすすめです。
 
顔の面積は他の部位よりも狭く、特に口周りは小回りが利く方がお手入れしやすくなります。ヘッドは小さめのものをえらぶと、細く照射できるのでおすすめです。
 
そして、顔にも使用できる家庭用脱毛器なのかをしっかりと確認して選んでください。
 
家庭用脱毛器の中には、顔への使用が禁止されている商品もあります。
 
 
そのような家庭用脱毛器で顔脱毛をする場合は自己責任において行うことになり、何かトラブルが起きてもメーカーは責任を取ってくれません。
 
 

あやせさおり

どちらにしても危険なことには変わらないので、顔脱毛に使用できる家庭脱毛器を選ぶようにしましょう。

 

 

家庭用脱毛器で顔の産毛を処理する際は目への影響を考えましょう

 
顔脱毛で気を付けたいのは目への影響です。
 
脱毛サロンも医療クリニックも、お客さまの目元にはタオルを乗せたりゴーグルをかけたりして対策をしています。
 
施術者も、照射の瞬間は目を閉じているほど、目に対する光の影響は大きいのです。
 
家庭用脱毛器は安全に作られているため、サロンのマシンほど危険ではないものの、万が一光が目に直接入ってしまった場合には、網膜が火傷をする・白内障・斜視・最悪の場合失明などに発展することもあります。
 
 

あやせさおり

くれぐれも、顔脱毛をする際には直接光が目に入れないように気を付けてお手入れしてくださいね。

 

家庭用脱毛器で顔の産毛を処理する際は皮膚の薄さも考慮しましょう

次に、顔の皮膚が他の部位よりも薄いことを忘れないようにしましょう。

 
皮膚の薄い顔と、脚などの皮膚が厚いところとでは出力レベルを変える必要があります。
 
当然、皮膚の薄い顔に脚と同じ出力レベルで光を照射してしまうと、火傷や炎症などの肌トラブルを引き起こす可能性が高く危険です。
 
 

あやせさおり

顔脱毛をする際には、他部位よりも出力レベルを下げてお手入れするようにしてくださいね。

 

3.顔にも使えるおすすめの家庭用脱毛器は?

顔脱毛にも使えるおすすめの家庭用脱毛器は、【ブラウンのシルクエキスパート】です。

 
安全設計でとても使いやすいので、顔のお手入れはもちろん、セルフ脱毛が初めての人でも簡単に扱えます。
 
  

ブラウンの家庭用脱毛器が顔脱毛にオススメの理由

ヘッドが小さいから小回りが利く

照射レベルの調整は肌の色を認識して自動で行うので安心

照射時間がが1~2秒なので短時間で脱毛ができる

 

このように、初めて家庭用脱毛器を使って顔脱毛をする人でもレベル調整が簡単にでき、小回りも利いて短時間でのお手入れが可能という理想の家庭用脱毛器となっています。
 
 
ただし、ブラウンのシルクエキスパートは頬骨から下にしか使用できません。
 

眉、目の周りの使用は禁止されているので、脱毛サロンや医療クリニックでの光・レーザー・ニードル脱毛をおすすめします。

 
 

あやせさおり

こちらでも詳しく説明していますので、
ぜひ、参考にしてくださいね。

元サロン経営者がおすすめする家庭用光脱毛器(光脱毛器)ランキング5選!

4.顔脱毛のメリット

あやせさおり

顔の産毛が濃い人はもちろんですが、あまり濃くない人も、顔脱毛することで得られるメリットはたくさんあります。
 
どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

化粧のりが良くなり化粧崩れを防ぐ

美肌効果が高まり顔色が明かくなる

肌トラブルや毛穴トラブルの解消

 
このような嬉しいメリットが、顔の産毛の量にかかわらずあります。
 

化粧のりが良くなり化粧崩れを防ぐ

顔の産毛があるだけで、化粧のりが悪くなり、時間と共に崩れやすい状態になりがちです。
また、産毛があると、産毛が邪魔してファンデーションが浮いた状態になるので化粧も崩れやすくなります。
 
顔の産毛がなくなると化粧品が肌に密着してくれるので崩れ防止になるのです。
 
 

あやせさおり

それと同時に顔の毛穴が引き締まり、余分な皮脂分泌も抑えられるので、皮脂崩れも軽減されます。

 

美肌効果が高まり顔色が明るくなる

 
顔の産毛脱毛をすることで、美肌効果が高まり顔色が明るくなります。
 
これは、顔の産毛がなくなったことで毛穴が閉じるからです。毛穴が肌にあると、黒く見える部分が多くなるので肌も暗くなりがち。
 
 
また、皮脂に汚れが付着することでも顔色が暗くなります。

 
顔の産毛脱毛をすることで、毛穴が閉まり皮脂分泌も抑えられるのでくすみが取れ顔色がワントーン明るくなるのです。
 
 
さらに、顔の産毛がなくなると、いつも使用している基礎化粧品の浸透も良くなります。
 
顔の産毛の働きの1つに「外部刺激から肌を守る」というものがあり、化粧水や乳液も産毛からすると肌に良くないものと判断されて水分や油分を弾き浸透されにくいからです。
 
 
いくら良いものを使っていても100%は浸透していないことになります。
 
 
つまり、顔の産毛がなくなると、化粧品が弾かれることもなくなり浸透力が高まり、その化粧品が本来持っている美容効果を発揮しやすい状態を作れるので美肌効果がアップするのです。
 
  
 

あやせさおり

顔脱毛をすることで美肌効果が得られるのは嬉しいですよね。

 

肌トラブルや毛穴トラブルの解消

 
顔の産毛脱毛をすることで、カミソリなどによる自己処理をすることがなくなるので、肌トラブルや毛穴トラブルを解消することもできます。
 
カミソリなどによる顔の産毛処理は、肌にも毛穴にも相当な負担をかけています。
 
脚や腕、脇とは違い、皮膚の薄い部分になるので顔は少しの刺激で炎症が起きやすい場所です。
 
炎症が起きると、かゆみや色素沈着、ニキビなどに発展し肌トラブルと毛穴トラブルに悩まされることでしょう。
 
 

あやせさおり

顔脱毛をすることにより自己処理がなくなれば、肌ダメージが大幅に減り健康で美しい肌に産まれ変わります。

 

5.顔脱毛は顔のシミにも効果がある?

顔の産毛脱毛をすると、シミがなくなるという噂を聞いた人もいるのではないでしょうか?
 
確かに、光脱毛とフォトフェイシャルで使用している光は出力が異なるものの同じひかりなのでシミが薄くなあることも稀にあります。
 
特に、光脱毛のIPL脱毛とレーザー脱毛のアレキサンドライトレーザーのお手入れを受けた人に多く見られる現象です。

 
 

あやせさおり

私のお客さまも「頬にあった小さな薄いシミが目立たなくなった!」と驚いていましたね。

これは、光を照射されると、肌の生まれ変わりサイクルであるターンオーバーが促進されるので1~2週間程度でシミが垢になり剥がれ落ちるという仕組みが起こす現象です。

 
ただし、濃いシミへの照射は痛みが強いのでできません。
 
濃いシミを脱毛の光で薄くすることはできないので皮膚科などでお手入れしてもらいましょう。
 
顔の産毛脱毛から得られるシミへの効果は、あくまで脱毛のオマケ程度に考えましょう。

 

6.家庭用脱毛器で本当に顔の産毛はなくなるの?


家庭用脱毛器でも、照射回数を重ねれば顔の産毛は次第になくなっていきます。

 
しかし、実際はなかなか顔の脱毛効果が出るまで時間がかかることが多いです。
 
これは、家庭用脱毛器だけでなくサロンでの光脱毛も同じことが言えます。
 
脱毛の光は、黒いものに反応することで毛根に熱を与えられ抑毛・減毛の効果が発揮できるものです。
 
そのため、ほとんどが産毛である顔の脱毛や、金髪・白髪といった色素の薄い毛に対する脱毛効果は弱くなってしまいます。
 
例えば、顔以外の部位が12回で終わるところ顔脱毛は18回の照射で脱毛完了になるケースはめずらしくありません。
 
顔脱毛以外でも、産毛の多い背中・うなじ・二の腕なども脱毛が完了するまで時間がかかることがあります。

 

 

あやせさおり

産毛の脱毛に関してはコチラの記事も参考にしてみてくださいね。

産毛を脱毛したい方必見!顔・お腹・背中をキレイにするおすすめの方法を紹介!

 

7.エステ、医療脱毛の顔脱毛の費用とメリット・デメリット

顔の産毛は目立たないから早く脱毛できそうだと思われがちですが、実は完了まで時間がかかるので費用もかさむことが多いです。

 
メラニン色素に反応する光は、産毛のような色の薄い毛には反応しにくくなっています。
 
脇や脚などの太く黒い色がはっきりしている部位の方が効果が出やすいです。

 
また、顔脱毛は処理に手間がかかることから、他の部位よりも金額が高い脱毛サロンや医療クリニックもあります。
 
 
脱毛サロンと医療クリニックの顔脱毛と他の部位との金額差を見てみましょう。

 

脱毛サロンと医療クリニックの顔脱毛と他の部位との金額差

サロン・クリニック 脱毛箇所
ディオーネ 顔:12回72,000円

両ワキ:12回24,000円

腰:12回36,000円

ビキニVラインサイド:12回42,000円

ジェイエステ 顔:4回30,000円

両ひじ下+両手の甲&指:4回18,000円

背中上+うなじ:4回18,000円

レジーナクリニック 顔:5回96,000円

VIO:5回84,000円

腕:5回72,000円

リゼクリニック 顔:5回99,800円

脇:5回19,800円

腕:5回74,800円

 
このように、顔脱毛は他の部分脱毛に比べると金額が高く設定されています。
 
脱毛サロンであるディオーネとジェイエステは、医療クリニックに比べて金額こそ安いものの通う回数が多く必要です。
 
ジェイエステは4回コースとなっていますが、実際4回で終わることはありません。
 
光脱毛だと、12回以上は必要になり多いと24回もお手入れをした人もいるほど。
 
その分金額はかさみ、通う期間も長くなるので面倒になってしまう人も多いです。
 
 

あやせさおり

ここで、脱毛サロンと医療クリニックで顔脱毛する際のメリットとデメリットをご紹介します。

専門機関で顔脱毛をするメリット

プロがお手入れしてくれるから安心

アフターケアをしてくれる

 

専門機関で顔脱毛をするデメリット

金額が高い

回数が多く必要なので通うのが面倒

スケジュールの調整をするのが大変

顔脱毛以外もオススメされて断るのが大変

 

 

あやせさおり

このように、家庭用脱毛器と比べると、
脱毛サロン・医療クリニックでの顔脱毛は、メリットに感じる部分は少なくなります。

また、現在は全身脱毛を主に行っているところも増えていて顔脱毛のみのお手入れ自体が難しいことも珍しくありません。
 
 
顔も含めた全身脱毛プランで通うことになると、その分金額も増すので理想とは異なる結果になってしまう人もいるでしょう。
 
 

8.まとめ

家庭用脱毛器は、産毛がなくなるまで時間はかかるものの、脱毛サロン・医療クリニックで感じるデメリットの部分はありません。
 
そして、回数を重ねれば家庭用脱毛器でも顔の産毛処理は可能です。また、家庭用脱毛器なら好きな時間・好きなときに自宅で顔の産毛脱毛ができます。
 
金額も、脱毛サロン・医療クリニックに通うよりも安くお手入れができるので、費用を抑えて手軽に産毛処理をしたい人にはぴったりです。
 
カミソリで毎日のように顔の自己処理をして肌トラブルと戦うのであれば、家庭用脱毛器の方が肌も喜んでくれますよ。
 
 

あやせさおり

家庭用脱毛器で顔の産毛処理をして、きれいな肌を手に入れましょう!
 
最後に、産毛の脱毛に関する記事をご紹介します。
参考に読んでみてくださいね!

ひげに悩む女性の脱毛方法とは?正しい自己処理法を元脱毛サロン経営者が解説!