フェイシャル脱毛は不安がいっぱい!?メリットや注意点、おすすめサロン・クリニックまで紹介!

記事更新日:2021年10月14日

顔脱毛

腕や脚とは違ってフェイシャル脱毛は、隠すことができない顔に照射するので
 
痛みや効果、お肌の乾燥などが気になってしまう方も少なくありません。
 
メイクのノリが良くなったりお肌が白く見えたりと良いこともたくさんあるのですが、どうしても不安になってしまいますよね。
 
そこで今回は、フェイシャル脱毛のメリットだけでなくデメリットや注意点まで詳しく解説します。
 

あやせさおり

エステ脱毛と医療脱毛の料金相場や必要な回数も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!


1.フェイシャル脱毛の範囲はサロンやクリニックによって違う

あやせさおり

フェイシャル脱毛は顔全体を脱毛するものですが、顔とひとくちに言っても範囲はサロンやクリニックによってまったく異なります。

生え際まで脱毛できるか

サロンやクリニックによって最も対応が異なるのは、おでこの脱毛でしょう。
 
前髪の生え際ギリギリまで照射してくれるところもあれば、生え際を避けて照射するところもあります。
 
生え際ギリギリまで照射すると火傷のリスクがあることから、ほとんどのサロンやクリニックでは避けて照射しているのです。
 
しかしおでこの形をキレイに整えたい方にとって、生え際まで脱毛できるかどうかは重要なポイント。
 

あやせさおり

おでこの形にこだわりがある方は、生え際まで照射してもらえるかどうかを確認しましょう。


 

おでこの形を変えたい方必見!脱毛できるサロンやクリニックを紹介します!

眉間の脱毛ができるか

眉間もおでこの生え際と同様に、火傷のリスクが高い部位です。
 
そのためこちらも、サロンやクリニックによっては照射していないことがあります。
 
眉間はムダ毛が気になりやすい部位でもありますでの、契約前に確認しておきましょう。
 

鼻毛やアゴ下の脱毛ができるか

フェイシャルの範囲に鼻毛まで含まれているサロンやクリニックもまれにあります。
 
鼻毛も自分で処理するとなかなか面倒ですので、気になる方はチェックしておくと良いですね。
 
またアゴの範囲がどこまでなのかもチェックしておきたいポイントです。
 
アゴ下の部分がフェイシャルに含まれているところと首に含まれているところがあります。
 

脱毛できない箇所はあるか

メラニン色素が多い眉毛は火傷のリスクが高く照射できません。
 
また網膜など眼の組織を保護するため、まぶたや目周辺も避けて照射します。
 
唇や鼻腔の粘膜部分は刺激に弱く炎症を起こしやすいため、お手入れできません。
 
 
 

2.フェイシャル脱毛のメリット・デメリット

フェイシャル脱毛にはたくさんのメリットがあります。

もっと早く脱毛していればよかった」といった声もよく聞くほどです。

 

あやせさおり

常に誰かから見られている顔だからこそ、脱毛することでさまざまなメリットを実感できるんですね。
 
しかし光やレーザーを当てることで、いくつかデメリットも起きてしまいます。

フェイシャル脱毛のメリット

化粧ノリが良くなる

肌の色が明るく見える

肌トラブルが軽減する


 
顔の産毛が少なくなるので、化粧ノリは脱毛前よりもかなり良くなります。
 
メイクがお肌に密着しやすくなる効果もあるので、崩れにくさもアップします。
 
また産毛でくすんでいた肌がパッと明るく見えるため、肌が明るくなるのも特徴です。
 
フェイシャル脱毛をすると自己処理の頻度が大幅に減ることから、カミソリの刃で肌を傷つけることがなくなり、肌トラブルの防止にもつながります。
 

フェイシャル脱毛のデメリット

日焼け対策をしっかり行う必要がある

お肌が乾燥しやすくなる

火傷のリスクがゼロではない


 
どのデメリットもフェイシャル脱毛に限った話ではありませんが、とくに顔は何かあったときに目立ってしまうので注意しないといけません。
  
脱毛中に日焼けすると肌の乾燥が進んだり肌トラブルが起きたり、さらには日焼けのせいで照射してもらえないケースもあります。
 
そのため脱毛中は日焼け止めや帽子、日傘などでしっかり日焼け対策をする必要があります。

 
またエステ脱毛であっても医療脱毛であっても、お肌に高温の光やレーザーを当てるので、熱でどうしても肌が乾燥しやすくなるものです。
 
乾燥した肌はバリア機能が低下して肌トラブルが起こりやすくなるため、こちらも気をつけて保湿を行わないといけません。

 
また顔は髪の毛や眉毛のように濃く密度の高い毛があることから、まれに火傷してしまうことがあります。
 
フェイシャル脱毛以外でも火傷のリスクはありますが、とくに顔は注意が必要です。
 
 
 

3.フェイシャル脱毛はどっちで受ける?サロンとクリニックの違い

あやせさおり

ところで脱毛には、大きく分けてサロンで受けられる光脱毛とクリニックで受けられるレーザー脱毛があるのをご存知でしょうか。
 
これらは受けられる場所が違うだけでなく、効果や痛みの強さ、必要な回数など異なる点が多くあります。

光脱毛 レーザー脱毛
施術してもらえる場所 サロン クリニック
永久脱毛 できない✕ できる◯
痛みの強さ 弱い 強い


光脱毛もレーザー脱毛も、メラニン色素に反応して毛根にダメージを与えることは同じです。
 
しかし光はダメージを与えるだけでとどまるのに対し、レーザーは毛根を破壊することができます。
そのためクリニックで受けられるレーザー脱毛は、永久脱毛できることが特徴です。
 
しかし毛根を破壊できるだけあって、痛みは光脱毛よりも強くなってしまいます。

 
レーザーは光よりも照射の出力が強いので、どうしても痛みが出やすくなってしまうのです。
 
ただしその分、脱毛効果も高く、少ない照射回数で終わります。
 
 
 

4.フェイシャル脱毛にかかる年数と回数

あやせさおり

フェイシャル脱毛は、腕や脚よりも多くの照射回数が必要です。
ぜなら顔のムダ毛は産毛だからです。

光脱毛 レーザー脱毛
必要な照射回数 12~18回 7~10回

他の部位よりもプラス2~3回ほどかかります。
 
産毛は、メラニン色素(黒い色)が薄いので光やレーザーが反応しにくいのです。
 
脱毛はムダ毛が濃く量が多いほど効果が出やすい特徴があるため、産毛である顔は効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

 
2か月に1回通うと考えると、光脱毛なら24~36か月、レーザー脱毛なら14~20か月必要です。
 
予定通り通えなかったり途中から通う頻度が3か月に1度になることもあると考えると、さらに時間がかかる可能性も考えられます。
 
ゆっくりでもいいから痛みが少ない方法で脱毛したい方はサロンの光脱毛、痛くてもいいからすぐに効果を実感したい方はクリニックのレーザー脱毛を選ぶと良いでしょう。
 
 
 

5.フェイシャル脱毛の料金相場

フェイシャル脱毛は、他の部位と比べると割高な料金設定になっていることがあります。
 
というのも、髪の毛や眉毛があるので施術に手間がかかってしまうからです。
 

あやせさおり

うっかり照射部位がズレてしまうと火傷や肌荒れのリスクがあるので、施術する側も大変なんですね。
 
実際にいくらくらいかかるのか、サロンとクリニックの料金を調べてみました。

サロンでフェイシャル脱毛をするときの料金相場

サロン名 料金(税抜) 脱毛できる部位
サンプル 1部位につき1回2,750円
18回48,015円
おでこ、右こめかみ、左こめかみ
右もみあげ、左もみあげ、右頬、左頬、鼻下右
鼻下左、右フェイスライン、左フェイスライン、アゴ上、アゴ下
サンプル 顔全体2回で約1,818円(キャンペーン価格)
顔全体4回30,000円(両ワキ12回付き)
おでこ、両Cライン、両頬
口周り、両フェイスライン、アゴ
サンプル 顔全体1回14,350円
12回104,400円
鼻下、アゴ、おでこ、頬、フェイスライン


ストラッシュは、脱毛できる部位が他のサロンと比べると、細かく分類されていることが特徴です。
 
好きな部位を1回から脱毛できます。
 
また別料金となりますが、初回551円(税込)の眉間脱毛も人気です。
 
ジェイエステティックではフェイシャル脱毛の新規客向けのキャンペーンを行っていることから、安く脱毛できることが魅力です。
 
1回あたり税込みでも1,000円なので、まずは試しに脱毛してみたい方にもピッタリですね。
 
エピレもストラッシュと同じように気になる部位だけ脱毛できますが、顔全体をまとめて施術してもらうプランがトータルではお得になります。
 
このように光脱毛でもサロンによって値段が大きく異なるのと、脱毛できる範囲も違うので事前にチェックしておきたいですね。
 
 

クリニックでフェイシャル脱毛をするときの料金相場

クリニック名 料金(税抜) 脱毛できる部位
サンプル 顔全体5回で約96,273円 鼻下、アゴ、アゴ下、おでこ、頬、もみあげ、エラ
サンプル 顔全体5回で92,800円 おでこ、頬、鼻、アゴ、鼻下
サンプル 顔全体6回で46,000円 頬、もみあげ周囲、頬、鼻下、アゴ、アゴ下

クリニックの場合は、5回で10万円前後のところが多い印象です。
 
クレアクリニックもリゼクリニックも近い料金設定になっていました。
 
全体的に値段が安いことで知られている湘南美容クリニックは、半額に近い46,000円です。
 
回数も6回なので、とてもリーズナブルですね。
 

あやせさおり

クリニックの脱毛は高い印象がどうしてもありますが、安く受けられるところもあるので気になる方は探してみましょう。

 
 
 

6.フェイシャル脱毛におすすめのサロン

あやせさおり

フェイシャル脱毛をするならどこのサロンやクリニックがおすすめなのか、それぞれご紹介します。
 
簡単な特徴やキャンペーンも紹介するので、ぜひ参考に選んでみてくださいね。

 

ジェイエステティック

とにかく安く脱毛できるのが特徴のサロンです。

 
ジェイエステティックが初めての人なら1回あたり税込1,000円で脱毛できるので、お財布が気になる方やひとまず試しに脱毛してみたい方におすすめできます。
 
しかも施術後は、仕上げに植物幹細胞エキス配合のスキンケアまで行ってくれるサービスつきです。
 
 


 

ストラッシュ

 

「顔脱毛は痛みが心配でちょっと…」という方におすすめしたいのがストラッシュ。
 
ストラッシュでは、肌に負担をかけにくいSHR脱毛を採用しています。

 
SHR脱毛はメラニン色素ではなくバルジ領域に反応するので、ムダ毛に熱が集中しないため、痛みが出にくいのです。
 
 


キレイモ

キレイモは全身脱毛専用のサロンです。
  
顔だけの脱毛はできないものの「のりかえ割で最大10万円オフ」や「ペア割で最大5万円オフ」など、お得なキャンペーンを行っています。
 
どうせなら顔だけではなく、全身も脱毛したいと少しでも考えている方は、キレイモがおすすめです。
 
 


 
 

 

7.フェイシャル脱毛におすすめのクリニック

リゼクリニック

顔全体をセットで脱毛することも、気になる部位だけをピンポイントで脱毛することもできます。
 
鼻毛の脱毛もしてくれる珍しいクリニックです。
予約のキャンセル料がかからないのもポイント。
 
学割やのりかえ割、ペア割などキャンペーンも豊富です。
  
 


 

レジーナクリニック

仕事や学校帰りに気軽に通えるクリニックをお探しなら、レジーナクリニックがおすすめです。
 
平日なら21時まで開いているので、忙しい方でもスケジュールをずらすことなく脱毛を進められます。
 
また嬉しいことに麻酔も無料でしてくれるので、痛みが気になる方でも通いやすいですよ。
  
 


湘南美容クリニック

とにかく安い値段でフェイシャル脱毛をできることが特徴です。
 
ほとんどのクリニックが5回で10万円くらいするところ、湘南美容クリニックはほぼ半額で脱毛できます。
 
全国に院があるので、通いやすいのも魅力です。
 
 


 
 

8.フェイシャル脱毛のQ&A

あやせさおり

では最後に、フェイシャル脱毛に関してよく聞かれる質問にお答えします。
 
フェイシャル脱毛が気にはなるけど、まだ気になることがあって悩んでいる方は、ここでぜひお悩みを解決してくださいね。

Q .ホクロやシミがあっても脱毛できますか?

ホクロやシミがあっても脱毛できます。

しかしホクロやシミの色や大きさによっては、避けて照射することがあります。
 
ただし範囲が広い場合は、脱毛できない可能性もあるので、カウンセリングのときにスタッフへ尋ねてみると安心です。

Q .ニキビやニキビ跡があっても脱毛できますか?

ニキビがある方でも脱毛できます。

しかし濃いニキビ跡があったり、ニキビの赤みや炎症が強い場合は避けて照射することになるのでご注意ください。
 
また、照射することでまれにニキビが悪化する可能性もあります。

Q .産毛レベルでも効果を実感できますか?

産毛でも脱毛は可能です。

ただし産毛はメラニン色素が少なく、毛が細いため効果が出るまでに時間がかかります。
 
そのため気長なお手入れが必要です。

Q .肌荒れしませんか?

人によっては脱毛で肌荒れすることがあります。

照射後はお肌が乾燥しやすくなっているので、こまめに保湿をして紫外線対策をしっかりすることで肌荒れを予防しましょう。

Q .家庭用脱毛器でもフェイシャル脱毛はできますか?

家庭用脱毛器でもフェイシャル脱毛は可能です。

ただし機種によっては頬骨より下の部分しか脱毛できない機械もあります。
 
購入するときは、顔のどの部分までお手入れできるかを確認しておきましょう。


 
 
 

9.フェイシャル脱毛は保湿と紫外線対策が大事!

フェイシャル脱毛をした後は、肌トラブルを予防するために保湿と紫外線対策をしっかりすることが大切です。
 
アフターケアを怠らなければ、フェイシャル脱毛は肌が明るくなったり化粧ノリが良くなったりとメリットがたくさんあります。
 
照射回数が増えてもいいから痛みが少ない脱毛をしたい方はサロン、
痛みよりも効果や早い結果を求める方はクリニックを選ぶと良いでしょう。