【失敗しない】おでこを広くキレイに!脱毛のメリットやセルフの処理方法を解説

記事更新日:2020年06月19日

脱毛の豆知識

 

鼻下脱毛で青みが消える?メリットやおすすめサロンを紹介!

おでこを広くしたい

おでこを理想の形に整えたい

産毛をなくしたい

 

おでこの幅や形が変わるだけで、輪郭も変わりますし前髪のアレンジもしやすくなります。

より魅力的になるために、おでこの形を整えたいと考えている方もいるでしょう。

 

しかしおでこの脱毛は腕や脚と違って、気をつけなければいけないことがたくさんあるもの。

あやせさおり

ここでは、失敗しないおでこの脱毛方法から、
セルフで処理する方法までご紹介していきます!


1.まずは知っておこう!おでこの脱毛とは?

おでこの脱毛って何?脱毛でおでこは広くできるの?」と、
気になることもたくさんあるかと思います。

 

まずはおでこの脱毛について、
そして人気のデザインや可愛く見せるためのバランスなどについてを確認してみましょう。


<1-1>
おでこの脱毛は「おでこの産毛」を脱毛するもの

一部のサロンやクリニックを除いて、多くはおでこに生えている産毛のみを脱毛していきます。

 

産毛の脱毛だけだとおでこを広くできないのでは?」と思う方もいるかもしれません。

産毛がなくなるだけでも、おでこのトーンが上がって見えるので、広く見せることができるんですよ。

でも、産毛だけ脱毛しても限界がありますよね。
数は多くないものの、一部のサロンやクリニックでは前髪の部分まで脱毛してくれるところもあります。

タレントさんがおでこの脱毛をして話題にもなりましたね。

 

独自に判断して髪の毛まで脱毛してくれるところもあるので、
どうしてもおでこを広くしたい方は、髪の毛まで脱毛してくれるところを探してみると良いでしょう。



<1-2>
おでこ脱毛の人気のデザインは?

実はおでこにもデザインが存在します。
どのデザインが人気なのでしょうか。

 

何も考えずに脱毛を始めてしまうと、後戻りができなくなる可能性もあるので、
まずは人気の形を押さえておきましょう。

 


 

<丸形>

もっとも人気なのがこの丸形です。

おでこの輪郭がアーチを描くような形をしており、とても自然に仕上がります。
かわいらしさ、自然さを求める方におすすめです。


 

<富士額(ふじびたい)>

おでこの上部がカーブを描かず平行に近い形をしています。

キレイめや女性らしさ、上品さを出したい方におすすめです。


 

<M字型>

元のおでこの形を活かしたデザインにしたい方は、M字型がおすすめ。

自然で知的に見える仕上がりが特徴です。



<1-3>
理想的なおでこの広さとは?

狭すぎず広すぎずキレイに見えるおでこの広さには、ある一定の決まりがあります。

顔全体に占めるおでこの割合が3分の1だとバランスが調度よく理想的です。

 

ベストなおでこの広さを知っておくことで、脱毛も失敗しづらくなりますね。


 

2.おでこ脱毛のメリットとデメリット

理想のおでこを手に入れたい
産毛をなくしてキレイにしたい」という方に人気のおでこ脱毛。

もちろんメリットもあるのですが、デメリットも存在します。
おでこ脱毛は失敗すると大変なので、メリットとデメリットについて確認しておきましょう。


<2-1>
おでこ脱毛のメリット

・理想のおでこになれる 

・肌のトーンがアップする

・化粧ノリが良くなる

・肌トラブルが減る

・髪の毛のアレンジがしやすくなる

 

なんと言っても、理想とするおでこに近づけるのが1番のメリットでしょう。

おでこが狭いというコンプレックスを解消できたり、
好きなヘアデザインに整えられたりと良いことがたくさんあります。

あやせさおり

おでこを少し広くするだけで、
もっと可愛くなることも大人っぽくなることも可能です。

産毛がなくなるので肌トーンもアップしますし、化粧ノリも良くなりますね。

産毛がなくなると汚れや皮脂がたまりにくくなるので、ニキビなど肌トラブルの予防にもなります。

 


あとは髪の毛のアレンジがしやすくなるのも大きなメリットです。

おでこが狭いと、パッツン前髪や眉上バングなどの髪型はチャレンジしにくいもの。
産毛が気になって前髪アップを控えていた人もいるでしょう。

 

脱毛でちょっとおでこを広くしてあげるだけで、今までできなかった髪型にも自信を持ってトライできます。



<2-2>
おでこ脱毛のデメリット

・生え際が不自然になる 

・脱毛が完了するまでは生え際が乱れやすい

・顔が大きく見えやすい

・脱毛完了後はおでこの形を元に戻せない

・髪の毛まで脱毛すると、火傷のリスクがある

生まれ持ったおでこの形に手を加えることになるので、
どうしても馴染まず不自然に仕上がってしまうこともあるでしょう。

もちろんおでこの脱毛で得られることも多いのですが、必ず成功するとも限りません。

 

それにおでこを脱毛している途中段階では、
髪の毛を剃った跡や生えかけの短い髪の毛がピョンピョン出てきてしまいます。

髪の毛を剃らない脱毛ならあまり気になりませんが、
剃る場合は生え際が少し不自然になってしまうことを覚悟しておきましょう。

 

あやせさおり

おでこを広くすると、
その分だけ顔が大きく見えてしまうのもデメリットですね。

肌が見える部分が増えるほど顔は大きく見えるので、
おでこを広くしすぎるのは要注意です。


また脱毛完了後は他のデザインに変えることが難しいので、
よく考えて後悔しないデザインを選ぶ必要もあります。

ほとんどのサロンやクリニックでは髪の毛の脱毛は行っていません。
火傷のリスクが高いからですね。

光やレーザーはメラニン色素に反応する仕組みなので、
髪の毛はどうしても火傷しやすくなってしまうのです。

たとえ髪の毛までOKだったとしても、火傷の可能性があることは覚えておきましょう。


 

3.おでこの脱毛はここで受けよう!おすすめのサロン3選


脱毛サロンの中には、顔の脱毛自体を扱っていないところもあります。

そのため、おでこの脱毛をしたいのなら、まずは顔脱毛を扱っているサロンを探してみましょう。

 

脱毛サロンはクリニックと比べると痛みが少ないのが特徴です。

ただし顔の脱毛は行っていても、
髪の毛まで剃って処理します!」と宣伝しているところはほとんどありません。

 

髪の毛まで脱毛してもらえるかについては、通う店舗や施術者の判断で施術きるかどうかが変わることもあるので、髪も脱毛したい方は参考までに見てくださいね。



<3-1>
ディオーネ

全国に120店舗を構えるディオーネは、ハイパースキン法による脱毛を採用した、敏感肌専門の脱毛サロンです。

 

公式サイトを見てみると、メニューにしっかりと「額」と書かれています。
おでこだけなら12回コースを受けても24,000円とお手軽です。

 

公式サイトに髪の毛まで脱毛できるとは書かれていません。

しかし髪の毛を脱毛すると起こる火傷のリスクについて納得した場合は、髪の毛も脱毛できる可能性があります。

 



<3-2>
銀座カラー

銀座カラーは顔全体の脱毛が可能です。ただし目の周りや眉毛から3mmは脱毛できません。

 

また、公式サイトに「髪の毛には照射できません」と記載されているので、あくまで産毛を減らす目的で通うことになります。

 

銀座カラーは特定のパーツのみを脱毛することはできず、
「全身脱毛コース」か「顔を含んだ全身脱毛コース」のどちらかとなります。

顔も脱毛したい場合は、6回コースで総額99,000円、月額3,300円です。

 

顔だけの脱毛を受けることはできないので、全身脱毛も考えている方におすすめとなります。

 



<3-3>
STLASSH(ストラッシュ)

「Sパーツ脱毛12回分」のコースを選べば、おでこの脱毛も受けられます。
料金は12回で32,010円です。

 

鼻下やほほ、アゴなどSパーツであれば自由に組み合わせて合計12回受けられるので、
おでこ以外に気になる部位がある方にも使いやすい脱毛サロンです。

 

公式サイトに髪の毛まで脱毛できるとは書かれていませんが、
以下のような口コミが掲載されていました。

 

みんなのレビュー・口コミ

おでこが狭いのと、角ばった形がコンプレックスでしたが、おでこ脱毛のおかげで理想の形になりました

また産毛がなくなり、トーンアップしたおかげで今では自信をもっておでこを出せるようになったので、ずっとしてみたかった前髪かきあげヘアのために伸ばしています。

引用:おでこ・額脱毛とは | 全身脱毛サロンのSTLASSH (ストラッシュ)


公式サイトに「理想の形になりました」と口コミが書かれているので、
おでこの脱毛へ理解があることは間違いなさそうです。


 


 

4.おでこの脱毛はここで受けよう!おすすめのクリニック3選

クリニックでの脱毛はサロンより痛みが出やすいのですが、
毛根を破壊する永久脱毛であるため、よりしっかりと産毛を減らせます。

産毛は普通の毛よりもしぶといので、早く脱毛を完了したい方はクリニックがおすすめですよ。


<4-1>
クレアクリニック

クレアクリニックでは脱毛したい部位を全身から好きに選べます。

もちろん、おでこだけの脱毛も可能です。
期間限定のプランにはなりますが、おでこの脱毛5回を月額3,300円(総額106,500円)で受けられます。

 

全身脱毛に顔脱毛やVIO脱毛をつけるコースもあり、こちらだと月額12,200円(総額387,150円)です。

髪の毛まで脱毛できるかはとくに記載されていませんでした。

公式サイトには粘膜以外であればほぼ照射が可能と記載されているものの、
火傷のリスクがある場合は照射を控える旨が記載されていますので、髪の毛の脱毛は難しいかと思います。
ただしクレアクリニックでは、産毛にも効果が高いと言われているダイオードレーザーを採用しているのが特徴です。

 



<4-2>
リゼクリニック

リゼクリニックでは、おでこだけ脱毛できるコースが作られています。5回で27,800円です。

 

おでこ以外の脱毛には興味ない方でも、リゼクリニックなら無駄なお金を使わずに通えますね。

公式サイトによると、生え際の脱毛もできるようです。
ただし髪の毛までは脱毛できません。

 

みんなのレビュー・口コミ

額を広げたいです。おでこまわりの脱毛は出来ますか?

 

A. 生え際の産毛の脱毛であれば可能です。

 

生え際だけではなく、髪の毛の部分まで照射したい(おでこを広げたい)という場合
・照射後に炎症が強く出る 

・色素沈着を起こす

・やけどの恐れがある

これらのリスクを避けるため、照射ができかねます。
額を広げたいです。おでこまわりの脱毛は出来ますか?|医療脱毛専門のリゼクリニック

 

あやせさおり

生え際は脱毛できるとのことなので、
おでこの産毛をギリギリまでキレイにしたい方へおすすめです。



<4-3>
湘南美容外科

おでこから足先までの脱毛が可能なクリニックです。

おでこ1回なら6,180円、3回コースなら17,730円、
6回コースなら29,280円で受けられます。

 

レギュラー会員やプラチナ会員の方は上記価格からさらに5%オフ、もしくは8%オフで受けることが可能です。

 


 

5.失敗したくないなら知っておこう!おでこ脱毛の注意点

顔は毎日見ないわけにはいかないので、おでこ脱毛を失敗するとなかなかのダメージです。

 

思っていた仕上がりと違った

おでこの脱毛をやり直したい

 

とならないためにも、今から紹介する注意点をしっかり確認しておいてくださいね。


<5-1>
おでこの脱毛は時間がかかる

おでこの毛は細い産毛のため、光やレーザが反応しにくい特徴があります。

脱毛はメラニン色素に反応する光やレーザーを照射して、
毛根へダメージを与えたり破壊したりするものです。

そのためメラニン色素が少ない産毛は脱毛の効果が出るまでに時間がかかってしまいます。

 

お手入れの回数は、脱毛サロンなら約20回(3~4年)、
クリニックなら約10回(1年半~2年)ほどが目安です。
ここまでの回数をこなさなくても徐々に薄くはなりますが、脱毛完了までは長い時間が必要になります。



<5-2>
生え際は痛みが出やすい

光やレーザーがメラニン色素に反応することから、
髪の毛のすぐ側である生え際は痛みが出やすくなってしまいます。

髪の毛に直接当てるわけではありませんが、どうしても痛みが出やすいんですね。

 

とくにレーザー脱毛は光よりも痛みが出やすいので、苦手な方は光脱毛を選んだほうが良いでしょう。



<5-3>
紫外線対策が難しい

脱毛中は必ず紫外線対策を行わければなりません。

しかしメイクをしている方も多いことから、おでこは紫外線対策がやりづらいこともありますよね。
脱毛中に紫外線を浴びると、日焼けして痛みが出やすくなったり、
肌が乾燥しやすくなったりと、良いことが一切ありません。

シミや黒ずみの原因にもなります。

 

ファンデーションを塗る前にしっかりと日焼け止めを塗っておく、
帽子をかぶる、日傘をさすなど紫外線対策を徹底しましょう。



<5-4>
回数が進むとおでこの形を変えられない

何回かお手入れを進めた段階で
丸形を希望していたけど、やっぱり富士額型がいいな」などと心変わりしても、
途中でデザインを変えるのはとても難しいです。

 

照射した部位は産毛が生えにくくなっているので、
途中でデザイン変更のために照射を止めてもなかなか毛は生えてきません。

やり直しがきかないことがほとんどですので、最初の形選びは慎重に行いましょう。

 

この形で絶対後悔しない」と思えるまでは、脱毛を始めないのがおすすめです。


 

6.おでこをセルフで脱毛する方法

脱毛に通うのもいいけど、自宅でお手入れできたら楽ですよね。

産毛を整えたり目立たなくしたりするのにおすすめのセルフ処理の方法を最後にご紹介します。

 

サロンやクリニックに通うのは時間もお金もかかるし…
とお悩みの方は、ぜひ参考にしてくださいね。


<6-1>
電気シェーバー

1番おすすめのは、電気シェーバーを使ったお手入れ方法です。
刃が皮膚に直接触れない作りになっているので、刺激に敏感なお顔のお手入れにも使えます。
おでこに使うのなら、顔用の電気シェーバーを選びましょう。

 

剃る前に顔をぬるま湯で洗い、汚れを落とします。

汚れを落とすことで雑菌が繁殖しにくくなり、産毛がぬるま湯でやらかくなって剃りやすくなる効果があります。

刃の滑りを良くするためにシェービングフォームも使用しましょう。

 

産毛は向きに逆らうように剃ると、キレイに処理することが可能です。

おでこの上から下に向かって剃ると良いでしょう。

生え際から5ミリ~1センチ程度を残してシェービングすると、髪との境目がぼやけて自然な感じに仕上がりますよ。
お手入れが終わったら、化粧水やクリームでお肌を保湿して完了です。

 



<6-2>
カミソリ

手軽に処理したいのなら、カミソリも使えます。
ただしカミソリは肌に見えない傷をつけやすく、繰り返し使うことで肌トラブルにつながってしまうのが大きなデメリットです。

頻繁におでこのお手入れをするのであれば、お肌のためにもカミソリではなく電気シェーバーを使いましょう。
ちなみに毛抜きは色素沈着や毛嚢炎の原因になりやすいので避けましょう。
除毛クリームは 、使用はNGです。



<6-3>
家庭用脱毛器

便利なことに、自宅にいながらサロンやクリームと同じような脱毛ができるアイテムもあるんです。

それが家庭用脱毛器
光脱毛とレーザー脱毛の両方がありますよ。

 

自宅にいながら好きなタイミングでお手入れできるので、学校や仕事が忙しくてもお手入れを続けやすいのがポイント。

 

ただし顔やおでこへの使用を禁止している家庭用脱毛器もあるので、説明書をしっかり読んでから使いましょう。

 

7.おでこはセルフでの処理よりも脱毛がおすすめ!


電気シェーバーやカミソリを使えば、自分でおでこのお手入れができます。
しかし長く続けることでおでこが黒ずんだり、肌トラブルを起こしてしまうリスクは避けられません。
肌のためを思うのなら、サロンやクリニックで脱毛するのがおすすめです。

 

サロンやクリニックによって、おでこの生え際までいけるのか、
髪の毛まで照射してくれるのかなど対応が異なります。
失敗しないためにも必ず、事前におでこの形をしっかり決めてスタッフと話し合った上で脱毛を始めましょう。