脇脱毛で「におい」がきつくなる or 軽くなる!?元サロン経営者が真相に迫ります

記事更新日:2020年06月20日

脱毛の豆知識

「脇脱毛したら脇のにおいがきつくなった…」
このような声を聞いたことがないでしょうか。同様に汗の量が増えたと感じる方もいますね。

しかし一方で、脱毛することによりにおいが気にならなくなったという方もいます。

においの改善・悪化、汗の増加・減少と、なぜ人によって両極端の症状が現れるのでしょうか。

あやせさおり

その原因を、元脱毛サロン経営者が詳しく解説していきます。
汗やにおいについて気になっている方は、ぜひ参考にしてくださいね。




1.脇脱毛でにおいが軽くなった?それともひどくなった?SNSのリアルな声

実際に脇脱毛をした方の口コミを見ていると、脱毛でにおいが減った方と、逆に増えてしまった方とで意見が真っ二つにわかれています。

具体的にどのような声が挙がっているのか、いくつかご紹介しましょう。

1-1.脇脱毛でにおいが軽くなったパターン

みんなのレビュー・口コミ

脇脱毛まだ1回目ですがワキ汗のにおいが気にならなくなっててすごくびっくりした しかも痒み全くないしストレスフリーすぎて超ハッピー

(引用元:twitterより)


みんなのレビュー・口コミ

VIOと脇は脱毛してよかった においがかなり減る

(引用元:twitterより)


みんなのレビュー・口コミ

脇の脱毛通ってもうすぐ一年たつ ほとんど毛が生えないしにおいも全くしない やって良かったー

(引用元:twitterより)


あやせさおり

脱毛1回目にして、においが気にならなくなった方もいます。ムダ毛もにおいも減るなら、脇脱毛をやって良かったと思えますよね。
まったく気にならないレベルまで、においが減った方もいるのは驚きです。


1-2.脇脱毛でにおいがひどくなったパターン

みんなのレビュー・口コミ

脱毛してから毛がなくなってしまい脇のにおいがすごいきになるようになってしまった、これはこれでデメリットやな。

(引用元:>twitterより)


みんなのレビュー・口コミ

脇ボトックスした事ある方いますか?脱毛してから汗が気になって汗かくとにおいも気になって悪循環!だからボト打ちたいんですが調べたら激痛って出てきてこわい!
笑気麻酔ないっぽいし麻酔クリーム意味あんのかなこわい~~

(引用元:twitterより)


みんなのレビュー・口コミ

あの、素朴な疑問なんですけど、脇をレーザー脱毛してから、汗が臭くなったような気がします。同じような悩みある人いません?お風呂とかシャワーには毎日入ってます。

(引用元:twitterより)


あやせさおり

このように、脇脱毛でにおいが気になるようになった方の声もいくつか見受けられました。
においだけでなく、汗の量が増えたことに悩んでいる方もいます。


2.脱毛で脇のにおいが軽減される理由

脇脱毛でにおいが強くなるか軽減されるかは、人によって違います。

なぜ二極化するのか気になりませんか?
まずは、脱毛でにおいが軽減される理由からいくつかご紹介します。

2-1.雑菌が繁殖しにくくなるから

もともと汗そのものには、ほとんどにおいがありません。

しかし汗が皮脂やアカと混ざり、これを皮膚の常在菌が分解することで汗臭いにおいが生じるのです。

ムダ毛は汚れが付着しやすく取れにくいため、雑菌のエサとなる皮脂やアカが溜まりやすい環境が整っています。
脱毛すると汚れが留まるムダ毛がなくなるため、脇で雑菌が繁殖しにくくなってにおいが軽減されるのです。

2-2.脱毛でアポクリン汗腺にダメージを与えることがあるから

汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺の2種類があります。

このうちアポクリン汗腺は皮脂腺とつながっているため、においが出やすいことが特徴です。とくに脇はアポクリン汗腺が多く存在しているので、においやすいんですね。

脱毛時に光やレーザーを照射すると、毛穴と繋がっているアポクリン汗腺にもダメージを与え、働きが弱まることがあります。
その結果、汗の量が減ってにおいも改善されるのです。
ただし必ず改善されるわけではないので、「運が良ければ改善する」程度に考えておくといいと思います。

2-3.自己処理の頻度が減るから

使い古したカミソリで自己処理をしたり、毛抜きで引き抜くような処理をしたりしていると、肌の傷から菌が侵入しやすくなり、どうしても脇に雑菌が繁殖しやすくなります。

また、ムダ毛を無理やり引き抜くことで毛穴も広がり汚れが溜まりやすくなるため、においやすい環境になってしまうものです。

脇脱毛をすれば、自己処理によって雑菌が繁殖したり毛穴が広がったりするリスクを抑えられるため、においの軽減につながります。

3.脱毛で脇のにおいが強くなる理由

あやせさおり

同じ脱毛をしても汗のにおいが改善する人もいれば、反対ににおいがきつくなってしまう人もいます。
なぜにおいが強くなってしまうのか、こちらの理由も見てみましょう。


3-1.汗やにおいを気にしすぎるから

「精神性発汗」という言葉をご存知でしょうか。
手に汗握るという言葉があるように、汗は気温に関係なく出ることもありますよね。

緊張したとき、不安になったとき、焦ったとき、さまざまなシチュエーションで汗は出ます。

精神性発汗とは、このように気持ちの問題で汗をかくことを指すもので、「緊張汗」や「冷や汗」と同じものです。

「脱毛したら汗の量が増えるらしい」「自分もにおってたらどうしよう」と考えすぎてしまうことで、かえって汗の量が多くなり、においやすくなります。

3-2.毛穴に汚れが詰まるから

脱毛後は一時的に毛穴が開いた状態になることから、皮脂やアカなどが詰まりやすくなります。

毛穴は時間が経つと自然に閉じますが、開いているうちは肌を清潔にして毛穴詰まりを防ぐように心がけましょう。
またアフターケアをきちんとすると、毛穴の戻りが早いです。ローションやジェルなどで保湿を徹底しましょう。

3-3.汗が肌に残りやすくなるから

汗は気化せずにそのまま残っている時間が長いほど、においを発しやすくなります。

ムダ毛があれば汗が毛をつたって流れ、さらにムダ毛が汗を少し吸収するので気化しやすいのですが、脱毛するとなかなか気化しないのでにおいやすくなるのです。

こまめに汗を拭くこと、シャワーを浴びることで対処できます。

4.「脱毛したら脇汗が増えた」は本当なの?

「脇脱毛したら汗ジミが気になるようになった」と言われる方はけっこう多いですよね。
ある芸能人もとある番組で脇汗が増えたと言っていました。

汗が増えるのは嫌だから脱毛は止めておこうかなと考える方もいるかもしれませんが、実は脱毛によって汗の量が増えることはありません。

4-1.汗が増えたように感じているだけ

ムダ毛は汗を吸収して、気化しやすくする働きを持っています。

脱毛すると、これまでムダ毛に吸収されていた汗がそのまま肌に残るので、汗が増えたように感じてしまうのです。

また、汗がなかなか気化しにくくなることも、汗が増えたと感じる原因になります。

4-2.汗を気にしすぎることで発汗している

先ほども触れましたが、「汗をかいたら嫌だな」「汗ジミができたらどうしよう」と、意識を汗に向ければ向けるほど汗は出やすくなります。

精神的な不安が発汗につながるので、「脱毛と汗は関係ない」と割り切って気にしないことが大切です。

5.においが気になっても脱毛前後の制汗剤はNG!その理由とは?

あやせさおり

汗のにおい対策として、ほとんどの方が制汗剤を使うでしょう。
しかし制汗剤を使うタイミングによっては、脱毛を受けられないケースがあります。



使用禁止期間は脱毛日の前後3日間や1週間など、サロンやクリニックによって対応はさまざまですが、なぜ制汗剤を使ってはいけないのでしょうか。

5-1.脱毛効果が薄れるから

私が経営していたサロンでは、脱毛当日は制汗剤を使用しないようにお願いしていました。
理由は、脱毛の効果が弱くなるからです。

制汗剤に含まれているデオドラント成分が毛穴に入り込むため、脱毛の光やレーザーが毛根まで届きにくくなってしまいます。
汗のにおいが気になるときはたおるなどを使用して、脱毛前の制汗剤の使用は控えましょう。

5-2.皮膚トラブルを起こす可能性が高まるから

脱毛前の制汗剤もよくありませんが、脱毛後の使用も控えなければなりません。

脱毛後のお肌は光やレーザーの影響で熱がこもり、火照りや赤みが出やすい状態です。

鎮静ローションや保湿クリームでどんなにアフターケアを行ったとしても、肌はダメージを受けた状態になっています。そこへ制汗剤を使うと、含まれている成分が肌を刺激し、トラブルを起こしてしまうことがあるのです。

普段は何事もなく使える制汗剤ですが、脱毛後のお肌にとっては刺激が強いので使用を避けましょう。

6.もしも脱毛でにおいが気になったら!対処方法を紹介

脱毛の影響で汗が増えることはないとはいえ、気になってしまう方がいるのも事実です。

どうしても気になる場合は、これまで以上に汗対策を行っていきましょう。少し対策をするだけでもにおいはかなり変わりますよ。

これから5つの汗対策をご紹介しますので、自分にあったものをやってみてください。
とくに精神的な不安が理由で汗をかいている方は、しっかり汗対策をすることで安心感が得られるので、汗の量を減らすことができますよ。

6-1.ロールオンタイプ・スティックタイプの制汗剤を使う

制汗スプレーは手軽に使えるメリットがあるものの、制汗成分が汗で流れやすく効果が長続きしにくいというデメリットがあります。

汗をしっかり抑えてにおい対策をしたいのなら、ムラなく塗れるロールオンタイプや持続効果の高いスティックタイプがおすすめです。

ただし脱毛前後はどの制汗剤も使用できないので、そこだけ気をつけましょう。

6-2.脇汗パッドを使う

汗の量を減らすのはなかなか難しいものです。

しかし脇汗パッドを使えば汗ジミができないので、汗を気にせず過ごすことができるようになります。

脇汗パッドには白、黒、ベージュなどのカラーバリエーションがあるので、できるだけ自分の服に近い色のものを選んでください。そうすることで脇汗パッドが服の上から透けることがありません。

6-3.通気性の良いインナーを着る

ポリエステルは通気性が悪くウールは保温性が高いので、汗をかきやすい方には向きません。

汗が気になる方はコットン素材のインナーを選びましょう。
袖があるタイプのインナーを着れば、汗ジミもできにくくなるのでおすすめです。

消臭効果や汗ジミ対策を施してあるもの、脇汗パッド付きなども売られているので、気温や着用する時間によって使い分けるとより効果的ですよ。

6-4.食生活に気をつける

汗のにおいは食べたものによっても変わります。

においがきつくなる原因として有名なのは、動物性のたんぱく質です。つまりお肉のことですね。

お肉にはアンモニアやスカトールなど、においの元となる物質が多く含まれているので、食べすぎには気をつけましょう。

6-5.ボトックス注射を受ける

ボトックス注射とは、多汗症やワキガの治療にも使われる方法です。

汗はアセチルコリンという伝達物質が、交感神経を通して汗腺に働きかけることで出ます。
ボトックス注射に含まれているボツリヌス毒素には、このアセチルコリンの働きを抑える効果があるので発汗が起きなくなるのです。

脇に注射を打つだけで、約半年ほど汗の量を減らすことができます。
しかし保険適当にならな場合ですと、費用が両脇で10万円ほどするので、他の方法と比べるとコストがかかる点がデメリットです。ただし確実に汗の量を減らすことができます。

7.脱毛しても汗の量は変わらない!においが気になったら対策しよう

脱毛でにおいがきつくなる方と、軽減する方の両タイプがいるのは事実です。

しかし脱毛によって汗の量が増えることは、決してありません。
正しくは「増えたように感じるだけ」、もしくは「汗を気にしすぎ」です。

どうしても気になる場合は、制汗剤や脇汗パッドなどをうまく使って対策していきましょう。

また「脱毛しても汗は増えない!」と、汗を気にしないようにすることも大切です。

脱毛するとわずらわしいムダ毛処理から解放され、思いきりオシャレも楽しめます。
肌もきれいになるので、人前で腕を上げるのも気になりませんよ。

せっかく脱毛したのだから、思う存分メリットを活かしてくださいね!